懲役40年 初級編

シャカイジン1ネンメ

懲役40年 60日目 げ…つよ…


きましたね!
月曜日!
また性懲りも無く…



外は私の心を写したかのようなドザアメ



おじさんも舌打ちがとまりません

でも投げキッスだと思えばハッピーになりますね!なりません!


今日もパソコンと向き合うこと8時間
終業のチャイムとともに上司をぶんなぐり帰ってきました


つかれた…

そしていま帰宅中なのですが


私が乗る電車は私が乗る駅が折り返し地点なんですよ
わかりづらいな

私が乗る駅が終着駅なんです

だから並びさえすればみんな座れるわけなんですね

私も1本電車を見送って次のやつで座って帰ろうとか考えてたんです



さぁ電車が来まして、
中の人が吐き出され、席取り合戦スタート
ぐぅわぁーとみんな席を奪取していきます

私は前の方に並んでいたので割と難なく座ることができ、一息ついていました

すると、私の前に立つ人影が

見上げると、





そこには…






赤子を抱いた…









お母さんが…











立っていたのです













^ - ^